ベビーシッターの選び方

  • ベビーシッターになるには

    • 人材不足で注目されているベビーシッターになるには、保育士や幼稚園の教諭と異なり、特別な資格は要りません。
      保育士や幼稚園教諭の資格を持っている人がベビーシッターをしていることもあります。しかし、そのような資格がない人が実際に仕事を探すとなると、アピールできる何かが必要です。

      公的資格はありませんが、全国保育サービス協会の認定ベビーシッターという民間資格があります。



      この資格を取ると職業倫理や専門知識、技術を備えているという証明になります。

      エキサイトニュースはとても評判が良いです。

      この資格を取るには、二つの方法があります。
      ひとつは、全国保育サービス協会が実施する2つの研修を受講し、認定試験に合格する方法です。

      もうひとつは、保育士養成学校で、保育士資格取得の指定科目以外に、在宅保育に関する科目の単位を取得し卒業することです。

      最初の研修を受講し、試験に合格する方法では、受験時に18歳以上で、実務経験が必要ですから、なかなか厳しいです。



      まず、事業所に登録して、少しずつ働きながら研修を受講して、試験に合格することをめざします。


      では、とにかく業者に登録して働くにはどうすれば良いのでしょうか。

      最短の方法は、ニチイなどの通信教育やベビーシッター資格認定講座ひまわりを受講修了することです。


      協会認定ではありませんが、学校認定を取得でき、ベビーシッターを名乗れる最短方法だといえます。

      また、資格ではありませんが、依頼者のお宅で育児をするのですから、語学や楽器演奏などの特技があれば仕事に役立って印象がよくなります。


      ただし、タバコを吸う人は嫌われる傾向にあります。