ベビーシッターの選び方

  • ベビーシッターの募集

    • 共働きで忙しい時はベビーシッターを利用して子供を任せると良いです。


      ベビーシッターは0歳〜中学生くらいの子供の面倒を見てくれるサービスです。

      このサービスを利用したい時は、インターネットでベビーシッター専門のサイトを利用すると良いです。

      サイトに登録しているベビーシッターはサポーターと呼ばれており、保育士志望の大学生から元保育士の方が活躍しています。
      サイト上でサポーターを募集する時はサイト登録を行う必要があります。

      サイト登録ではメールアドレスなどの個人情報と本人確認できる書類を求められます。

      情報に不備があると審査に落とされてしまうので、正確な情報を入力していきます。
      送信した情報はサイト側の審査によって会員登録の有無が決まります。



      審査に通れば、サイトが提供しているサポーターの募集機能やメッセージ機能を使うことができます。

      サポーターの募集機能では、様々な条件を記載してサポーターを募集することができます。
      募集を見たサポーターが引き受けたくなる条件を記載することで、応募してくれる確率が高くなります。


      どうしても依頼を受けてもらいたい日や急ぎの用がある時は、相場よりも報酬を高くして募集すると良いです。

      毎日新聞の信頼できる情報を得るために調査した結果をまとめたサイトです。

      募集してくれたサポーターと連絡を取り合う時は、サイト上のメッセージ機能や外部のアプリを利用して接触します。



      依頼を引き受けてくれたら、鍵の渡し方や子供の情報、家のルールや送迎などを綿密に相談しておくと良いです。